モバイルホームケージ

モバイルホームケージ
モバイルホームケージ
モバイルホームケージ
モバイルホームケージ
neurotar社は,ヘルシンキ大学神経科学センターとの共同研究で設立された企業です。 覚醒条件下での脳イメージング解析受託研究,Trans-BBB PK,Microglia,Stroke,Neurodegeneration and Neuroinflammation,Skinvivo,Skin nerve endings分野での受託研究活動をおこない、集積された技術を応用し、Mobile Home CageTM を集積された技術で製造販売しています。

Mobile Home CageTM は、マウスの無麻酔条件下(覚醒)、自由歩行条件下で多光子励起レーザー顕微鏡(各メーカー対応)により In vivo 環境での脳細胞の深部を高解像度にて観察できる革新的な脳固定ケージとして。また、内因性信号の高学的イメージング、電気生理学手法として確立されたパッチクランプ法、順化・脱順化法による匂い研究法、新奇嗅認識法への最先端研究に注目されています。

obile Home CageTM  は、マウスの歩行によって自在に動く円形ケージが装着されます。空気圧によって摩擦抵抗のない極めてスムーズな動き(動物の移所行動)を保証します。また、この移所行動はビデオトラッキング機能(近日発売)がオプションとして用意され、各アプリケーションと行動の相関を観察するこっとが可能です。
麻酔条件下では、脳機能のイメージング観察、電気生理学的観察に影響を与え、関連性生体反応の減少に影響を与えると推測されています。インビボでの観察にセッション数・頻度が制限されまが、独自の手法でこの問題解決を提供します。

1)取扱の簡便な、マウスに易しいモバイルホームケージが付属します。
2)マウスの順化に応じて、また実験トレーニング中に無麻酔条件下に移行されます。
3)正確な脳機能の光学的、または電気生理学的アクセスのために、頭部部分のみを固定し、無麻酔条件下でのマウスは自由に歩行(移所行動)が行えます。
4)訓練のわずか4日後に実験を開始可能です。(訓練プロトコルはお問い合わせ下さい)
5)多光子レーザー顕微鏡、パッチクランプ法、光遺伝学または固有の光学イメージングと行動試験を組み合わせることができます。420(W)×300(D)×213(H)mm、8kg9サイズです。
6)新奇嗅認識法、順化・脱順化法による匂い研究法への応用が期待されます。
7)社会性行動(複数のマウスのコンタクト)と、光学的、または電気生理学的手法を併用した観察が可能です



Open-access JoVE article featuring Mobile HomeCage: http://www.jove.com/video/51869/flat-floored-air-lifted-platform-new-method-for-combining-behavior

Catalog of head-plates for microscopic imaging and electrophysiological experiments: http://www.neurotar.com/products/mhc-parts-and-accessories/

How to insert- and remove mouse from Mobile HomeCage: http://www.neurotar.com/support/


カタログダウンロード(PDF) JP

参考文献(PDF) EN

プレゼンテーション動画 EN

FAQ EN

この製品に対するお問い合わせ