脳内神経伝達物質計測システム

脳内神経伝達物質計測システム
In Vivoボルタンメトリーシスは、フリームービングの環境下でのマウスの脳内神経伝達物質(例えば、ドーパミントランジェント)をリアルタイム測定を実行することができます。
本システムの構成は、マイクロヘッドステージ、スリップリング(コミュータ)と自在バランサーアームを含み、長期のドーパミン計測を可能とし、電気刺激m、オプトジェニック(光刺激)との併用を可能にしました。
インビボでのボルタンメトリーの構成は、急性実験、慢性的な実験に特殊電極によって対応いたします。

インビボでのボルタンメトリー基本設定では、麻酔下での実験動物の脳・臓器スライス、細胞または器官における高速スキャンサイクリックボルタンメトリーのために設計されています。
7又は30ミクロンの炭素繊維の作用電極、スモールデスクトップボックス(FCVアナライザ)、付属される計測・解析ソフトウェアが提供されます。データの取得と刺激、また、解析のためにある関連ソフトウェアが含まれています。Invilogのソフトウェアによって制御メインユニットは、高速サイクリックボルタンメトリー測定でモノ、又はバイポーラ電気刺激(0±10ボルト)や、他のイベントのトリガのためのプログラム可能なパルス刺激(例えば光刺激、薬液注入など)を提供します。

メーカーサイト http://www.invilog.com

カタログダウンロード(PDF) JP

この製品に対するお問い合わせ