脳組織損傷作成装置 Model 35300

脳組織損傷作成装置  Model 35300
小動物の脳局部にリージョン(損傷)を作成する装置です。 定電流出力(DC)により安定したリージョン(損傷)を作成する事が可能です。
動作モードは、連続通電モードとプリセットモードがあり、出力部には保護回路が内蔵されています。
リージョン電流は10µA~99mA、1~99secの範囲で設定する事が可能です。

カタログダウンロード(PDF) JP

この製品に対するお問い合わせ