薬物自己投与実験依存測定装置 Self-administration test

薬物依存2・3居室CPP測定装置 Place Preference System
薬物の依存性実験などに使用されます。動物の反応に対して、薬液が一定条件のもとでインジェクションされます。実験ケージ(オペラントケージ)には、条件刺激モジュール(光・音)が用意され、また反応用としてレーバーが付属いたします。ケージ上部中央には、フリームービングのシーベルが薬液チューブのねじれを防ぎ、動物に対する拘束を軽減します。実験ケージ、薬液注入ポンプ(シリンジ型またはピストン型)、制御装置とパソコンから構成されます。

関連機器 Intracranial self stimulation(ICSS test) 実験装置

実験動物の反応に対して、動物の脳室内にバイポーラ電気刺激装置にて刺激を与えます。この刺激は、負の刺激ではなく(非嫌悪刺激)、動物の反応を高頻度に惹起させます

メーカーサイト http://www.med-associates.com/products-page/conditioned-place-preference/three-compartment-packages/

この製品に対するお問い合わせ